36歳若ハゲが22歳のモデルに告白した結果・・・

 

彼女「ゴメン、ちょっと無理。」

 

ガーーン。。

 

そんなわけないだろ!!!

 

僕は、大学だって有名な大学を出てるし、会社は優良企業だ。

 

何でダメなのか聞いた。

 

彼女「あたま、薄いとちょっとね・・・」

 

 

薄毛

 

!!!!!!!!!

 

何だと!ふざけるな!!

 

髪が少ない。でもそれ以外は何でも(ほどんど)あるのに。

 

結局フラれるなんて・・・

 

 

 

でも彼女は最後にこう言った。

 

彼女「薄いの治れば付き合ってもいいよ」

 

 

自分の中で、何かがはじけた瞬間だった!

 

よし、言ったな!

マジで絶対、増やす。

 

身体中に、電流が走るような感覚に襲われた。

 

ここから、自分の薄毛対策が始まった。

 ー ー ー ー

 

そして、1年が過ぎた。

 

そこから1年ぐらい

 

毎日毎日

 

毎日毎日、育毛剤との戦いが始まった。

 

その増毛剤は、こちら

 

本当に

 

ただひとつの育毛剤を付けることに専念していました。

 

 

今言えること。

 

本当の育毛剤を選ぶこと。

 

 

今でも、育毛剤を付けるたびに、彼女のことを思い出します。

 

 

ただ、その彼女は性格悪いし、

別れてしまいましたが。

いい思い出です。

 

ですが、彼女のおかげで、自分の髪がふさふさになりました。

 

髪型はもちろんですが、

ファッションやダイエットも意識するようになりました。

 

本当に育毛剤付けて良かったって思います。