私、美晴(仮名)は二十歳過ぎからニキビで困っていたんです。

 

 

会社でも、人と話すのもイヤになり、いつも下を向いて半分引きこもり状態でした。

 

 

それでも、毎日会社に行けているのは、好きな人(裕二さん)がいるからです。

 

 

裕二さんはこんな私にでも、何でもお話してくれる。

 

 

付き合ってほしいと思っているけど、顔のことが気になって…

 

ミカが教えてくれた、ニキビを治すあるきっかけ・・・

唯一の友達ミカが教えてくれたのが、

 

 

ルナメアACというスキンケアでした。

 

 

 

ルナメアの考えは、「肌にやさしくニキビケア」が出来るという事。

 

 

 

つまり、私の肌をケアするのにちょうど合っていたのです。

 

 

 

このルナメアACなら、ニキビが改善できるとわかったので、毎日スキンケアに努力したのです。

 

 

 

裕二さんのために。

 

 

 

 

 

暖かくなってきたある日、裕二さんのほうから声をかけてくれたのです。

 

 

 

「美晴さん、今日はなんだかいつもと雰囲気が違いますね!」

 

 

 

私はすごい照れてしまって「そんなことないですよ~」としか言葉が出なかったのですが、頭の中では、うれしくてうれしくてたまりませんでした。

 

 

 

このことは、すぐにミカに報告しました。
「ホント?すごいね!すごいね!」と、連発していましたが、私も同じテンションで「うんうん、すごかった」と、言ってしまいました(笑)

 

 

 

それからというもの、裕二さんは私に、いろいろと声をかけてくれるようになりました。

 

 

 

「今日、美晴さんが来ていた、白のワンピース。茶色の髪がよく似合っていますね♪」

 

 

 

「今日も、よくデスクワークしてるな!お疲れ!帰ったらゆっくり休んでな♪」

 

 

 

 

 

こんなに、裕二さんを近く感じられるのも、ミカに顔のケアを教えてもらえたからだと、いくら感謝しても、感謝しきれません。

 

 

 

明日、裕二さんに告白しよう。

 

 

 

 

 

「これから、10年先、20年先も裕二さんと一緒にいたい・・・」

 

 

 





良かった。裕二さんと出会えて。

 

 

 

そして、ミカどうもありがとう。

 

 

 

富士フイルムのルナメアAC」出会えてなかったらこの人生はなかったかもしれない。

 

 

 

22歳 須藤美晴(仮名)OL 埼玉県浦和市